第5章 紋章としてのトム。

王子の内閣に残っていたトム・カンティは、彼の機会をうまく利用しました。彼はこのように、そして大きな鏡の前で、自分の精巧さに感心しました。その後、歩いて離れて、王子の高い馬車を模倣し、それでもガラスの結果を観察する。次に彼は美しい刀を引いて、刃にキスをし、彼の胸の上に横たえ、高貴な騎士を見ていたように、5〜6週間前に塔の中尉に挨拶しました。ノーフォークとサリーの大軍が捕虜のために手に入った。トムは彼の太ももに掛けられた宝石を切った短剣で遊んだ。彼は部屋の高価で絶妙な飾りを調べました。彼は豪華な椅子のそれぞれを試してみると、宮廷牧場の群れが彼の壮大なところを覗いて見ることができれば、彼がどれほど誇りに思うかと考えました。彼は、家に帰ったとき、または頭を振るのかどうかを伝えるべき素晴らしい話を信じるかどうか疑問に思っていた。そして、彼の過度の想像力は、ついに彼の理由を混乱させた。
30分の終わりに、彼は突然、王子は長い時間がかかっていたことが彼に起こりました。すぐに彼は孤独を感じ始めた。まもなく彼は聞いて憧れになり、彼についてのかなりの事でおもちゃになりました。彼は不安を抱き、不安がなくなり、苦しんだ。ある人が来て、王子の服の中に彼を捕らえ、王子はそこには説明しないであろうと仮定しよう。彼らはすぐに彼をぶら下げていないかもしれないし、後で彼の事件にお尋ねしますか?彼は、偉大な人たちが小さな事柄については迅速であると聞いていました。彼の恐れはさらに高くなった。彼は穏やかに前室への扉を開け、飛行して王子を探し、そして彼を介して保護と解放を決心した。豪華な紳士6人と、蝶のような服を着た2つの若い頁が、足元に跳ね上がり、彼の前で伏した。彼は素早く踏んでドアを閉めた。彼は言った-

“ああ、彼らは私を嘲笑!彼らは行こうとします。ああ!なぜ私はここに来て、私の人生を捨て去ったのですか?
彼は階段を上ったり下ろしたりして、無意味な恐怖でいっぱいになって、耳障りな音から始めて聞いていました。現在のところ、ドアが開き、絹のようなページが言った –
“レディ・ジェーン・グレイ”
ドアは閉まって、豪華な服を着た甘い少女が彼に向かって縛られた。しかし、彼女は突然停止し、
“ああ、私の主よ、何の痛みですか?”
トムの呼吸は彼にほとんど失敗していた。しかし、彼は、
“ああ、慈悲深いよ、あなたよ!私は裕福ではありませんが、市の裁判所の貧しいトム・カンティだけです。 プリンスは私に王子を見させ、彼は彼の恵みのうちに私のぼろを私に戻し、それで私を傷つけさせます。ああ、あなたは慈悲深く、私を救ってください!
この時までに、少年は膝の上にいて、目で祈り、舌でも手を上げていました。若い女の子は恐怖に襲われたようだった。彼女は叫んだ。

“私の主よ、あなたの膝の上に – 私に!”
それから彼女は恐怖で逃げ出した。そしてトムは、絶望に打ち負かされ、沈んだ、
“助けはない、希望はない。今、彼らは私を連れて行くだろう。
彼はそこにテロに苦しんでいたが、恐ろしい知らせが宮殿の中をスピードアップしていた。ささやきは、いつも囁かれていたので、いつものように、主人から女性へ、長い廊下を、物語から物語まで、サルーンからサロンへ、「王子は怒った、王子は怒ってしまった!すべての大広間、大理石のホールには、輝く大管長と女性のグループ、そして驚くほど小さな人々が集まり、囁きながら真剣に話し合っていた。すべての顔には納得がいかなかった。現在、素晴らしい管理者がこのグループによって行進し、厳粛な宣言を行いました。
“キングの名前で!
この虚偽の愚かな事柄、死の痛みに陥らせたり、同じことを話したり、海外に運ぶことはありません。王の名で!」
囁きは、囁いた人が愚かな者に襲われたかのように突然止まった。
まもなく、 “王子!”という廊下に沿って一般的な話題がありました。見て、王子が来る! ”
貧しいトムはゆっくりと低弓群を過ぎて歩き回って戻り、弓なりに腹を立てようとした。偉大な貴族たちが彼の両側を歩いて、彼に頼るようにして、彼の踏み出しを堅固にしました。彼の背後には、裁判所の医師といくつかの召使が従った。

現在、トムは宮殿の貴族のアパートで自分を見つけ、彼の後ろにあるドアを聞いた。彼の周りに彼と一緒に来た人たちが立っていた。彼の前に、少し離れて、非常に大きくて非常に太った男が、広い、ぱりぱらとした表情と厳しい表現をしていた。彼の大きな頭はとても灰色だった。フレームのように彼の顔の周りだけを身に着けた彼のひげは灰色だった。彼の衣服は豊かなものでしたが、年を取って、少し擦り減っていました。彼の腫れた脚の1つは、その下に枕があり、包帯に包まれていました。今や沈黙があった。そこには頭がありませんでしたが、この男のことを除いて、畏敬の念を抱いていました。この威圧的な無効は、恐ろしいヘンリー8世でした。彼は言った – と彼の顔が穏やかに成長し、彼が話し始めた –
“どうして、私の主エドワード、私の王子ですか?わたしはあなたを愛するあなたの父親であり、親切にも、ごめんな冗談をもってあなたを利用します。
貧しいトムは聞いていただけでなく、彼の心配していた学部も彼をこのスピーチの初めにさせました。 「私は良い王様」という言葉が耳に当たったとき、彼の顔がぼんやりとしていて、ショットが彼をそこに連れて来たかのように、彼はすぐに膝の上に落ちた。彼の手を上げ、彼は叫んだ –

“あなたは王ですか?それで私は本当に元に戻すのですか? ”
この演説は王様を気絶させたようだった。彼の目は、無意識のうちに顔を見ながらさまよった後、彼の前の少年に安静にされた。それから彼は深い失望の声で言った –
“アラック、私は噂が真実に不相応だと信じていた。私はそうではないと恐れています。」彼は重い息を吐き、優しい声で言った。「あなたの父親に来てください。
トムは彼の足元に助けられ、謙虚で震えているイングランドの陛下に近づいた。王は手の間で恐ろしい顔をとって、そこに理由を返すことに感謝の兆しを見て、その胸に圧迫した頭を押して、やさしく撫でたように、しばらくそれを熱心に注視しました。現在、彼は言った –
“ドストはあなたの父、子供を知らないのですか?昔の心を壊してはいけません。あなたは私を知っていると言う。あなたは私を知っていますか?
「そうですか:神よ、あなたが私の恐怖の王、王様です!
「真実、真実 – それはよく慰められ、震えない。ここにあなたを傷つけることはない。ここには誰もいませんが、あなたを愛しています。あなたは今よりよく芸術です。あなたの病気は夢ではありませんか?彼らはあなたが苦しんでいる間にあなたがしたことを言ったように、あなた自身をもう一度罵ってはいけませんか? ”
“私はあなたの恵みを私に信じます、私は真実を話しましたが、最も恐ろしい主です。私はあなたの主題の中で最も卑しい、生まれながらの貧しい者であり、私はそこにいましたが、私はここにいます。私は若くても死ぬことができます。そして、あなたは小さな言葉で私を救うことができます。ああ、話してください! ”
“死ぬ?甘い王子平和、平和、あなたの苦しんでいる心に、あなたは死なないではいけません!」
トムは嬉しい叫び声で膝の上に落とした。
“神はあなたの慈悲を求め、王よ、あなたの土地を祝福してあなたを救いなさい!”と叫ぶと、彼は待っている2人の君主に向かって楽しい顔を向け、叫び声を上げた。私は死ぬことはない:王はそれを言った! “誰も話しませんでした。彼は躊躇し、ちょっと混乱させて、臆病に王様に向かって言った、「私は今行ってもいい?

「行く?確かに、もしあなたが欲しいならば。しかし、まだ少しでも眠れないのはなぜですか?どちらに行くの? ”
トムは目をそらし、謙虚に答えました。
“私は誤解しました。しかし私は私を自由と思っていたので、私は生まれて苦しみに育った犬舎をもう一度探すように移動しましたが、私の母と妹を抱きしめるので、私の家です。一方、私が使用されていないこれらのポンンプと光り輝く洞窟は、ああ、あなたよ、私を行かせてください!
王は静かで思慮深くしばらくしており、彼の顔は苦悩と不安を背負っていた。現在、彼は彼の声で希望の何かを持って、
“彼はこの1つのひずみに怒っているが、彼の知恵は他のものに触れていない。神がそれを送るかもしれない!試してみる」
それから彼はトムにラテン語の質問をし、トムは彼に同じ舌で嘆き悲しみに答えました。主および医者はまた彼らの満足感を明示した。王は言った –
“彼の学校と能力によると、彼の心は病気であり、致命的ではないことを示している。あなたはどうですか?
医者は弓を下ろして低く言い、
“それは、自分の信念をもって、私はあなたが正しいと断言したことを跳ねます。”

王はこの励ましを喜んだように見えました、それはとても優れた権威から来たように来て、
“今、あなたのすべてに印をつけてください:私たちは彼にもっと挑戦します。”
彼はトムにフランス語で質問をした。トムは黙って立っていたので、彼の目の中心にそんなに多くの目を置くことに恥ずかしかった。そして、
“私はこの舌を知らないので、あなたの威厳をお祈りください。”
王は彼のソファに落ちた。出席者は彼の援助に飛んだ。しかし彼はそれらを脇に置き、
“私には苦労しません。それは、厄介な気晴らしにすぎません。私を育てなさい!そこには、十分です。こんにちは。あなたの貧しい悩みの頭をあなたの父の心の上においてください。あなたはすぐにうまくいくでしょう。恐れてはならない。あなたはすぐにうまくいくのです。」そして、彼は会社に向かった。優しい態度が変わった。そして、素早い雷が彼の目から始まった。彼は言った-
“あなたがすべてリストしてください!この私の息子は怒っています。永久的ではありません。これ以上の研究が行われ、閉じ込めが多すぎる。彼の本と先生たちと離れて!それを見てください。スポーツで彼を楽しませ、健全な方法で彼を欺くことで、彼の健康が再び生まれるようになる」彼は自分自身をさらに高め、エネルギーで続けた。彼は私の息子であり、イングランドの相続人です。そして、怒っても、まともでも、彼はまだ治めるでしょう!また、あなたがたはさらに聞いて、それを宣べ伝えよう。このことについて話す者は、これらの領地の平和と秩序に反して働く。 。 。 。飲むために私を与えなさい – 私は燃える:この悲しみは私の強さを保つ。 。 。 。そこで、カップを取り去ってください。 。 。 。私をサポートしてください。そこには、うまくいきます。マッド、彼は?彼は1000倍怒っていましたが、彼はウェールズの王子です。私は王がそれを確認します。この非常に明日は、古くからの形で彼の尊厳に据えられなければならない。私の主ハートフォード、それを即座に注文してください。 ”

貴族の一人が王宮にひざまずいていて、
“王の威厳は、イングランドの遺伝大院長がタワーで達成したことを知っています。それが実現したことを達成しなかった –
“平和!憎んだ名前の耳を侮辱しないでください。この人は永遠に生きるのですか?私は私の意志を託していますか?王子はアンインストールされたままになっていますか?そのために、領土に彼の名誉を託すために反抗的な汚れのないアール・マーシャルが足りないからです。いいえ、神の素晴らしさによって!太陽が再び上昇する前に私の議会にノーフォークの運命をもたらすように警告してください、そうでなければ彼らはそれを嘆かわしく答えるでしょう! “{1}
ハートフォード卿は、
“王の意志は法律である”と上昇し、彼の元の場所に戻った。

徐々に怒りは古い王の顔からぼやけていき、彼は言った –
“キス、私の王子。そこ 。 。 。あなたは何を恐れていますか?私はあなたの愛する父親ですか?
“あなたはわたしには善良で、良心的で優雅な主です。本当にわたしは知っています。しかし、しかし、それは私が彼が死ぬことを考えることを嘆くと、
“ああ、「あなたのような、そうだよ!あなたの心が傷ついたとしても、あなたの心はまだ同じであることは分かっています。しかし、この公爵はあなたとあなたの栄誉の間に立っています。私は彼の偉大な事務所に汚れをもたらすことのない別のものを持っていきます。わたしの王子、あなたの貧しい頭ではありません。
“しかし、私は彼のスピードを遅くするのではないのですか?彼はいつまで生きていないだろうか?私のために? ”
“彼のことを考えないでください、私の王子:彼は合理的ではありません。もう一度私にキスして、あなたの些細なことや娯楽に行ってください。私の病気が私を苦しめるからです。私は服従しており、安らかです。あなたの叔父のハートフォードとあなたの民と一緒に行き、私の体がリフレッシュされたら再び来なさい。
トムは、心から心がけていました。この最後の文は、彼が大切にしたいと望んでいたことを打ち砕いたものです。もう一度彼は “王子、王子が来る!”と大声で叫び声をあげました。
彼の精神は、弓兵の光るファイルの間を移動するにつれて、下降しました。彼は本当に今捕虜になっていることを認識しており、この陽気な檻の中で、慈悲深い神を除いて、無慈悲で友人がいない王子で、
そして、彼はどこに向かうか、彼は断頭した頭と、ノーフォーク公爵の記憶された顔を空気中に浮かべるように見えました。
彼の古い夢はとても楽しいものでした。この現実はとても荒れ果てたものでした!

 

原文

Chapter V. Tom as a Patrician.

Tom Canty, left alone in the prince’s cabinet, made good use of his opportunity. He turned himself this way and that before the great mirror, admiring his finery; then walked away, imitating the prince’s high-bred carriage, and still observing results in the glass. Next he drew the beautiful sword, and bowed, kissing the blade, and laying it across his breast, as he had seen a noble knight do, by way of salute to the lieutenant of the Tower, five or six weeks before, when delivering the great lords of Norfolk and Surrey into his hands for captivity. Tom played with the jewelled dagger that hung upon his thigh; he examined the costly and exquisite ornaments of the room; he tried each of the sumptuous chairs, and thought how proud he would be if the Offal Court herd could only peep in and see him in his grandeur. He wondered if they would believe the marvellous tale he should tell when he got home, or if they would shake their heads, and say his overtaxed imagination had at last upset his reason.
At the end of half an hour it suddenly occurred to him that the prince was gone a long time; then right away he began to feel lonely; very soon he fell to listening and longing, and ceased to toy with the pretty things about him; he grew uneasy, then restless, then distressed. Suppose some one should come, and catch him in the prince’s clothes, and the prince not there to explain. Might they not hang him at once, and inquire into his case afterward? He had heard that the great were prompt about small matters. His fear rose higher and higher; and trembling he softly opened the door to the antechamber, resolved to fly and seek the prince, and, through him, protection and release. Six gorgeous gentlemen-servants and two young pages of high degree, clothed like butterflies, sprang to their feet and bowed low before him. He stepped quickly back and shut the door. He said—

“Oh, they mock at me! They will go and tell. Oh! why came I here to cast away my life?”
He walked up and down the floor, filled with nameless fears, listening, starting at every trifling sound. Presently the door swung open, and a silken page said—
“The Lady Jane Grey.”
The door closed and a sweet young girl, richly clad, bounded toward him. But she stopped suddenly, and said in a distressed voice—
“Oh, what aileth thee, my lord?”
Tom’s breath was nearly failing him; but he made shift to stammer out—
“Ah, be merciful, thou! In sooth I am no lord, but only poor Tom Canty of Offal Court in the city. Prithee let me see the prince, and he will of his grace restore to me my rags, and let me hence unhurt. Oh, be thou merciful, and save me!”
By this time the boy was on his knees, and supplicating with his eyes and uplifted hands as well as with his tongue. The young girl seemed horror-stricken. She cried out—

“O my lord, on thy knees?—and to me!”
Then she fled away in fright; and Tom, smitten with despair, sank down, murmuring—
“There is no help, there is no hope. Now will they come and take me.”
Whilst he lay there benumbed with terror, dreadful tidings were speeding through the palace. The whisper—for it was whispered always—flew from menial to menial, from lord to lady, down all the long corridors, from story to story, from saloon to saloon, “The prince hath gone mad, the prince hath gone mad!” Soon every saloon, every marble hall, had its groups of glittering lords and ladies, and other groups of dazzling lesser folk, talking earnestly together in whispers, and every face had in it dismay. Presently a splendid official came marching by these groups, making solemn proclamation—
“IN THE NAME OF THE KING!
Let none list to this false and foolish matter, upon pain of death, nor discuss the same, nor carry it abroad. In the name of the King!”
The whisperings ceased as suddenly as if the whisperers had been stricken dumb.
Soon there was a general buzz along the corridors, of “The prince! See, the prince comes!”
Poor Tom came slowly walking past the low-bowing groups, trying to bow in return, and meekly gazing upon his strange surroundings with bewildered and pathetic eyes. Great nobles walked upon each side of him, making him lean upon them, and so steady his steps. Behind him followed the court-physicians and some servants.

Presently Tom found himself in a noble apartment of the palace and heard the door close behind him. Around him stood those who had come with him. Before him, at a little distance, reclined a very large and very fat man, with a wide, pulpy face, and a stern expression. His large head was very grey; and his whiskers, which he wore only around his face, like a frame, were grey also. His clothing was of rich stuff, but old, and slightly frayed in places. One of his swollen legs had a pillow under it, and was wrapped in bandages. There was silence now; and there was no head there but was bent in reverence, except this man’s. This stern-countenanced invalid was the dread Henry VIII. He said—and his face grew gentle as he began to speak—
“How now, my lord Edward, my prince? Hast been minded to cozen me, the good King thy father, who loveth thee, and kindly useth thee, with a sorry jest?”
Poor Tom was listening, as well as his dazed faculties would let him, to the beginning of this speech; but when the words ‘me, the good King’ fell upon his ear, his face blanched, and he dropped as instantly upon his knees as if a shot had brought him there. Lifting up his hands, he exclaimed—

“Thou the King? Then am I undone indeed!”
This speech seemed to stun the King. His eyes wandered from face to face aimlessly, then rested, bewildered, upon the boy before him. Then he said in a tone of deep disappointment—
“Alack, I had believed the rumour disproportioned to the truth; but I fear me ‘tis not so.” He breathed a heavy sigh, and said in a gentle voice, “Come to thy father, child: thou art not well.”
Tom was assisted to his feet, and approached the Majesty of England, humble and trembling. The King took the frightened face between his hands, and gazed earnestly and lovingly into it awhile, as if seeking some grateful sign of returning reason there, then pressed the curly head against his breast, and patted it tenderly. Presently he said—
“Dost not know thy father, child? Break not mine old heart; say thou know’st me. Thou dost know me, dost thou not?”
“Yea: thou art my dread lord the King, whom God preserve!”
“True, true—that is well—be comforted, tremble not so; there is none here would hurt thee; there is none here but loves thee. Thou art better now; thy ill dream passeth—is’t not so? Thou wilt not miscall thyself again, as they say thou didst a little while agone?”
“I pray thee of thy grace believe me, I did but speak the truth, most dread lord; for I am the meanest among thy subjects, being a pauper born, and ‘tis by a sore mischance and accident I am here, albeit I was therein nothing blameful. I am but young to die, and thou canst save me with one little word. Oh speak it, sir!”
“Die? Talk not so, sweet prince—peace, peace, to thy troubled heart—thou shalt not die!”
Tom dropped upon his knees with a glad cry—
“God requite thy mercy, O my King, and save thee long to bless thy land!” Then springing up, he turned a joyful face toward the two lords in waiting, and exclaimed, “Thou heard’st it! I am not to die: the King hath said it!” There was no movement, save that all bowed with grave respect; but no one spoke. He hesitated, a little confused, then turned timidly toward the King, saying, “I may go now?”

“Go? Surely, if thou desirest. But why not tarry yet a little? Whither would’st go?”
Tom dropped his eyes, and answered humbly—
“Peradventure I mistook; but I did think me free, and so was I moved to seek again the kennel where I was born and bred to misery, yet which harboureth my mother and my sisters, and so is home to me; whereas these pomps and splendours whereunto I am not used—oh, please you, sir, to let me go!”
The King was silent and thoughtful a while, and his face betrayed a growing distress and uneasiness. Presently he said, with something of hope in his voice—
“Perchance he is but mad upon this one strain, and hath his wits unmarred as toucheth other matter. God send it may be so! We will make trial.”
Then he asked Tom a question in Latin, and Tom answered him lamely in the same tongue. The lords and doctors manifested their gratification also. The King said—
“‘Twas not according to his schooling and ability, but showeth that his mind is but diseased, not stricken fatally. How say you, sir?”
The physician addressed bowed low, and replied—
“It jumpeth with my own conviction, sire, that thou hast divined aright.”

The King looked pleased with this encouragement, coming as it did from so excellent authority, and continued with good heart—
“Now mark ye all: we will try him further.”
He put a question to Tom in French. Tom stood silent a moment, embarrassed by having so many eyes centred upon him, then said diffidently—
“I have no knowledge of this tongue, so please your majesty.”
The King fell back upon his couch. The attendants flew to his assistance; but he put them aside, and said—
“Trouble me not—it is nothing but a scurvy faintness. Raise me! There, ‘tis sufficient. Come hither, child; there, rest thy poor troubled head upon thy father’s heart, and be at peace. Thou’lt soon be well: ’tis but a passing fantasy. Fear thou not; thou’lt soon be well.” Then he turned toward the company: his gentle manner changed, and baleful lightnings began to play from his eyes. He said—
“List ye all! This my son is mad; but it is not permanent. Over-study hath done this, and somewhat too much of confinement. Away with his books and teachers! see ye to it. Pleasure him with sports, beguile him in wholesome ways, so that his health come again.” He raised himself higher still, and went on with energy, “He is mad; but he is my son, and England’s heir; and, mad or sane, still shall he reign! And hear ye further, and proclaim it: whoso speaketh of this his distemper worketh against the peace and order of these realms, and shall to the gallows! . . . Give me to drink—I burn: this sorrow sappeth my strength. . . . There, take away the cup. . . . Support me. There, that is well. Mad, is he? Were he a thousand times mad, yet is he Prince of Wales, and I the King will confirm it. This very morrow shall he be installed in his princely dignity in due and ancient form. Take instant order for it, my lord Hertford.”

One of the nobles knelt at the royal couch, and said—
“The King’s majesty knoweth that the Hereditary Great Marshal of England lieth attainted in the Tower. It were not meet that one attainted—”
“Peace! Insult not mine ears with his hated name. Is this man to live for ever? Am I to be baulked of my will? Is the prince to tarry uninstalled, because, forsooth, the realm lacketh an Earl Marshal free of treasonable taint to invest him with his honours? No, by the splendour of God! Warn my Parliament to bring me Norfolk’s doom before the sun rise again, else shall they answer for it grievously!”
Lord Hertford said—
“The King’s will is law;” and, rising, returned to his former place.

Gradually the wrath faded out of the old King’s face, and he said—
“Kiss me, my prince. There . . . what fearest thou? Am I not thy loving father?”
“Thou art good to me that am unworthy, O mighty and gracious lord: that in truth I know. But—but—it grieveth me to think of him that is to die, and—”
“Ah, ‘tis like thee, ‘tis like thee! I know thy heart is still the same, even though thy mind hath suffered hurt, for thou wert ever of a gentle spirit. But this duke standeth between thee and thine honours: I will have another in his stead that shall bring no taint to his great office. Comfort thee, my prince: trouble not thy poor head with this matter.”
“But is it not I that speed him hence, my liege? How long might he not live, but for me?”
“Take no thought of him, my prince: he is not worthy. Kiss me once again, and go to thy trifles and amusements; for my malady distresseth me. I am aweary, and would rest. Go with thine uncle Hertford and thy people, and come again when my body is refreshed.”
Tom, heavy-hearted, was conducted from the presence, for this last sentence was a death-blow to the hope he had cherished that now he would be set free. Once more he heard the buzz of low voices exclaiming, “The prince, the prince comes!”
His spirits sank lower and lower as he moved between the glittering files of bowing courtiers; for he recognised that he was indeed a captive now, and might remain for ever shut up in this gilded cage, a forlorn and friendless prince, except God in his mercy take pity on him and set him free.
And, turn where he would, he seemed to see floating in the air the severed head and the remembered face of the great Duke of Norfolk, the eyes fixed on him reproachfully.
His old dreams had been so pleasant; but this reality was so dreary!

第4章 王子の悩みの始まり

永続的な追求と迫害の時間の後、小さな王子は最後に暴動によって捨てられ、自分自身に残されました。彼が群衆に激怒することができ、それを王位に脅かすことができ、笑いをはぐくむことのできる命令を王位に発する限り、彼は非常に面白かったです。しかし、疲れが最終的に彼に沈黙を余儀なくさせたとき、彼はもはや彼の苦しみの人には役に立たず、彼らは他の場所で遊びに行きました。彼は今、彼について調べましたが、その地域を認識できませんでした。彼はロンドンの街にいた。それは彼が知っていたすべてだった。彼は家を薄くしている間に、無意識に、そして少し歩いて行きました。通行人はまれでした。彼は今流行っていた小川で彼の出血の足を浴びせた。数分休憩して渡され、現在はそこに少数の散在した家があり、すばらしい宇宙があり、壮大な教会です。彼はこの教会を認めました。足場はほぼどこにでもあり、労働者の群れであった。それは精巧な修理を受けていたからです。王子はすぐに心を奪った – 彼は彼の悩みが終わったと感じた。彼は自分自身に言った、 “それは古い灰色の兄弟の教会で、私の父は修道士から奪われ、貧しい子どもたちと捨てられた子供のために永遠に家に帰され、新しい名前はキリスト教会です。喜んで、彼らは彼らによってとても寛大に尽くされた彼の息子に仕えるでしょう。そして、その息子は、自分自身が今ここで守られているものと同じくらい貧しく、待っているほどです。
彼はすぐに走ったり、ジャンプしたり、ボールや飛び跳ねのカエルで遊んだり、そうでなければ自分自身を罵倒したり、騒々しいこともしていた少年の群衆の真っ只中にいました。彼らはすべて同じように服を着て、その日に奉仕する人と前庭の間で勝っていたような様式で、すなわち、それぞれは、頭の冠の上に、それは覆いとしては役に立たなかった、それはそのような不十分な次元であり、どちらも装飾的ではなかった。その下から髪の毛が分かれて額の中央に落ち、まっすぐに切り取られた。首には事務用バンドがあります。緊密にフィットし、膝またはそれ以下の高さに吊り下げられた青いガウン。フルスリーブ;広い赤いベルト;明るい黄色のストッキングは、膝の上にガーターされています。大きな金属のバックル付きの低い靴。それは十分に醜い衣装だった。
男の子たちは遊びを止めて、元祖の尊厳を持って言った王子について、
“良い若者、エドワード・ウェールズ王子が彼との懇談を望んでいることをあなたの主人に伝えてください。”
これで偉大な叫び声が上がり、1人の失礼な仲間が言った。
“結婚、あなたの恵みのメッセンジャー、乞食?”
王子の顔は怒りで洗い流され、彼の準備手は彼の腰に飛んだが、そこには何もなかった。笑いの嵐があり、ある少年は言った –
“されたマーク?彼は剣を持っていると思っていましたが、彼は自分自身の王子です。
このサリーはもっと笑いをもたらしました。悪いエドワードは誇らしげに自らを描き、
“私は王子です。王は私の父の恵みを養って私を使うようにあなたを病気にする」
笑いが証言されたので、これは大いに楽しんだ。最初に話した若者は、彼の同志たちに叫んだ。
“息子、豚、奴隷、恩寵の父親の年金受給者、あなたのマナーはどこですか?あなたのすべての骨髄の骨を下げ、彼の王国の港と王冠に畏敬の念をしてください」
荒々しい喜びで、彼らは身体の中で膝の上に落ち、彼らの獲物に敬意を払った。王子は最寄りの少年を足で払い落とし、
「あなたがそのことをやめて、翌日が来るまで、私はあなたにジベルを造ります!」
ああ、これは冗談ではありませんでした。これは楽しいものを超えていました。笑いは瞬時に止まり、怒りがその場所を取った。ダースは叫んだ –
“彼を逃がしなさい!馬の池に、馬の池に!犬はどこにいますか?ホー、ライオン!”
それから、イングランドがこれまでに見たことのないようなもの、すなわち王位継承者の神聖な人が嘆かわしい手を振り回し、犬に襲い掛かりました。

その日、夜が終わりに近づいたとき、王子は近くにある街の近くに自分を見つけました。彼の体は傷ついていて、彼の手は出血していて、彼のぼろはすべて泥で覆われていました。彼はどんどん迷って歩き回り、困ったほどに疲れて疲れていました。彼は情報の代わりに侮辱だけをもたらしたので、誰の質問もやめた。彼は自分自身に呟いていました。 “くずの裁判所 – それは名前です。私の強さが完全に費やされる前にそれを見つけることができれば、私は救われます – 彼の民が私を宮殿に連れて行き、私が彼らのどれでもないことを証明します。しかし、本当の王子です。そして今、そして彼の心は、キリストの病院の少年たちの無礼な人たちによる彼の治療に戻りました。そして、彼は、「私が王の時、パンと避難所だけでなく、完全な腹は、心が飢えているところでは価値がないし、心臓にとっても価値がない。私はこのことを忘れずに私の記憶に残しておき、今日のレッスンは私に迷わず、私の民はそれによって苦しみます。学習することは心を柔らかくし、優しさと慈善を育てます」。
ライトが輝き始め、雨が降ってきて、風が吹き、生と吹き抜けの夜が入りました。イングランドの王位継承者である故郷の王子は、まだまだ移動して、ぼんやりした路地の奥深くを漂っていきましたそこでは貧困と悲惨さの猛烈なハイブが集まった。
突然大きな酔っ払いの騒ぎが彼を抱きしめて言った。

“この夜にもう一度、家に帰って来なかったので、私は私を保証する!もしそうなら、「私はあなたの肉体の骨をすべて壊しません。それから私はジョン・キャンティーではなく、他の人たちです」。
王子は自分自身をゆったりとひねり、無意識のうちに汚れた肩を撫で、熱心に言った。
“ああ、芸術の父、本当ですか?甘い天国はそれを許してくれるから、私を元通りに戻すことができます!
“彼の父?私はあなたが何を意味するのか分からない。わたしはあなたの父であることを知っています。あなたがすぐに、
“ああ、冗談ではない、パターではなく、遅れていない! – 私は身に着けている、私は負傷している、私はもはや耐えられない。わたしを父の王に連れて行きなさい。そして、あなたの野性的な夢を超えて、あなたを豊かにさせます。私を信じて、私を信じてください! – 私は嘘を言うのではなく、真実だけを話すのです! – あなたの手を守り、私を救いなさい!私は確かにウェールズの王子です!
その男はその少年を見つめて呆然として頭を振り、
“トム・オ・パンダラムのように激しく怒ってしまった!” – そしてもう一度彼を抱きしめて、粗い笑いと誓いで言った。 “でも、怒っていても、怒っていなくても、私とあなたのガンマー・カンティは、私は真実ではありません!
これで彼は狂った苦しんでいる王子を引きずってしまい、正面の裁判所に消えて、喜んで騒がしい人間の害虫の群れが続いた

第3章 トムと王子との会談

トムは空腹になってしまい、空腹に飢えていたが、夜の夢のような輝きを放つ忙しい彼の考えで腹を立てた。彼は街の中をさまよい、どこに行くのか、彼の周りに何が起こっているのかほとんど気づいていなかった。人々は彼を激しく揺らし、いくつかは彼に荒い言葉を与えた。しかし、それはすべての男の子に失われた。 by-by-by彼はテンプルバーで自宅を見つけ、その方向へ旅したことがあります。彼は立ち止まり、しばらく考えてから再び想像の中に落ち、ロンドンの壁の外を通りました。ストランドは当時の田舎道ではなくなり、街として見なされました。一方の側には控えめなコンパクトな列があったにもかかわらず、そこには豊かな貴族の宮殿であり、豊かで美しい敷地がすぐ近くにある川の敷地まで広がっていて、ひどいエーカーのレンガと石が詰まっている。
トムはチャリング・ビレッジを現在発見し、元々遺族の遺族によって建てられた美しい十字架に座っていた。偉大な枢機卿の荘厳な宮殿を通り抜けて、はるかに偉大な壮大な宮殿 – ウェストミンスターに向かって、静かで美しい道を歩き回った。トムは石積みの広大な杭、広がる翼、びっくりする砦と塔、巨大な石の入り口、金箔の棒と壮大な花崗岩のライオンの壮大な配列、その他英語の看板やシンボルロイヤルティ。ついに彼の魂の欲望が満たされましたか?ここには本当に王の宮殿がありました。天国が喜んでいれば、今は王子を見ることを望んでいないでしょうか?肉と血の王子ですか?
金めっきされた門の両側には、光る鋼製の鎧の頭から踵にかけて立つ、生きている彫像、すなわち正立で堂々とした動きのない男の腕が立っていました。丁重な距離では、多くの田舎の民族、そして都市からの人々が、提供するかもしれないロイヤルティを垣間見るのを待っていました。素晴らしい人たちと素晴らしい外人たちが出入りする素晴らしい車は、王室の戸口を突き抜けたいくつかの他の高貴なゲートウェイによって到着し、出発していました。
貧しい小さなトムは、彼のぼろに近づいて、拍動する心と絶望的な望みを持って、センチネルをゆっくりと臆病に動いていました。 。その中には丈夫なアウトドアスポーツやエクササイズをした日焼けした茶色の男の子がいた。その衣服は宝石で輝いているすてきなシルクやサテンで、彼のヒップで少し宝石を付けた剣と短剣。彼の足元には赤いかかとが付いた美しいバスキーネ、彼の頭の上には、輝く宝石で締め付けられた垂れ下がったプルームがある、あざやかな真紅の帽子が付いています。いくつかの豪華な紳士が疑いの余地なく、彼の僕の近くに立っていました。ああ!彼は王子、王子、生きている王子、本当の王子だった。疑問の影はなかった。最後に貧乏人の心の祈りに答えました。
トムの呼吸は興奮で素早く短くなり、彼の目は驚きと喜びで大きくなった。すべてが彼の心の中で即座に一つの願望に向かって進みました。それは王子に近づき、良い、食べるような顔をすることでした。彼は彼が何について知っている前に、彼はゲートバーに彼の顔をしていた。次の瞬間一人の兵士は彼を盗んで奪い取り、彼を国家ギャークとロンドンのアイドラーの群衆の間で旋回させた。兵士は言った –
「あなたは若い乞食よ、あなたのマナーに気をつけてください!
群衆はひざまずいて笑った。若い王子は、顔を洗い流して門に飛び出し、怒りで目がちらつき、叫んだ。
“あなたはそのような貧しい若者をどのように使っていますか?私の父の最も控えめな主題をどうして王様に使っているのですか?ゲートを開き、彼を入れてください!

あなたは、かっこいい群衆が彼らの帽子を奪ったのを見たはずです。あなたは彼らが応援しているのを聞いて、「ウェールズの王子が長く住んでいる!」と叫ぶべきです。
兵士たちは武器を持ち、門を開いて、小さな皇太子が羽ばたく衣服の中を渡り、無限大の王子と手を組んだ。
エドワード・チューダー氏は、
“あなたは疲れて飢えています。あなたは病気になっています。私と来て。”
半ダースの出席者は、私が何を知っているのかを知りませんでした。干渉して、間違いない。しかし、彼らは正しい王立のジェスチャーで脇に握られていました。エドワードはトムを宮殿の豊かなアパートに連れて行き、彼はキャビネットと呼ばれた。彼の命令によって、本の中を除いてトムが以前に遭遇したことのなかったようなものがもたらされた。王子は、優雅な珍味と繁殖をして、召使員を遣わしたので、彼の謙虚なゲストは批判的な存在に恥ずかしくないかもしれません。彼は近くに座って、トムが食べた時に質問した。
あなたの名前は何ですか、若者ですか?
“トム・カンティ、それはよかった、サー”
“奇妙なものです。ドストはどこに住んでいるの? ”
“町で、してください。裁判所、プディングレーンの外で。
“オオカミコート!本当に別の奇妙なものです。ハストの親ですか?
「両親には私も同じような壮大なダムがありますが、神にはそれほど貴重ではありません。
“それで、あなたの壮大なダムはあなたに親切ではありません、私はそれを取る?”
“他の人は彼女なのではないので、あなたの崇拝をお祈りください。彼女は邪悪な心を持ち、彼女のすべての日に悪を働く。
「彼女はあなたを虐待するのですか?」
“彼女は彼女の手にとどまり、眠っているか飲み物で克服している時があります。彼女の判断がはっきりしているとき、彼女はうまく殴られて私にそれを作る。 ”
小さな君の目には激しい顔が現れ、彼は叫んだ。
“何!ビート?
「ああ、確かに、はい、お願いします。
“拍手! – あなたはとても虚弱で、少しです。ハークよ、夜が来る前に、彼女は彼女をタワーにぶつけさせる。私の父キング ” –
「うんざりすると、彼女は忘れ去られる。タワーは偉大な人のためのものです。 ”
“確かに、本当です。私はそれを考えなかった。私は彼女の処罰について考えます。あなたの父は親切なのですか? ”
“ギャンマーキャンティ以上ではない”
“偶然にも父親は似ている。私のものは人形の気性ではありません。彼は重い手で打ちのめされますが、まだ私を守ります:彼はいつも私の舌ではなく、言いたいことをしてくれます。あなたの母はどのようにあなたを使用していますか? ”
“彼女はいいです、私は悲しみも、どんな痛みも与えません。そして、ナンとベットは彼女のようなものです。 ”
“これらは何歳ですか?”

“15歳、 それはあなた”
「私の妹エリザベスは14歳で、私のいとこレディ・ジェーン・グレイは私自身の年齢であり、優雅で優雅な息子です。私の妹、マリア・メアリー、彼女の悲観的なミーンと – あなたを見てください:あなたの姉妹は、奴隷たちが彼らの魂を破壊することを笑顔にするのを禁じますか?
“彼ら?ああ、元気ですか、彼らにはしもべがいると思う? ”
幼い王子は少し貧乏人を熟考し、ス、どうしてですか?夜に服を脱ぐ人は誰ですか?彼らが立ち上がったときに彼らを迎えるのは誰ですか? ”
“なし、サー。彼らは彼らの衣服を脱いで、獣のように眠らないだろうか?
“彼らの衣服!彼らは1つだけど? ”
“ああ、あなたの崇拝は良い、彼らはもっと何をするだろうか?本当に彼らにはそれぞれ二つの体がありません。
“これは奇抜で素晴らしいものです!あなたの恩赦、私は笑うことを意味していませんでした。しかし、あなたの良いナンとあなたの賭けは、衣服と足を踏みにじらせ、そしてすぐにそれを取り戻します。私の仲間はそれに目を向けるでしょう。いいえ、ありがとうございます。 ‘何もない。あなたはよく話す。あなたはそれに簡単な恵みを持っています。芸術は学んだ?
“私がいなくても私は知らない。アンドリュー父と呼ばれる善良な司祭は、彼の本から、親切なことを教えてくれました。
“あなたはラテンを知っていますか?”
“しかし、大したことはありません。私は疑います。”
“それを学ぶ、若者:最初はハードだけです。ギリシャ語はもっと難しいです。しかし、これらのことも、他の舌も、エリザベス女王と私のいとこには難しいとは思えません。あなたはそれでそれらのダンサーを聞くべきです!しかし、あなたのオオカミ裁判所に教えてください。そこには楽しい人生があるのですか」
“実際には、はい、ありがとうございます。おなかが空いているときは保存してください。パンチ・アンド・ジュディのショーがあり、サル、ああ、このような怪物たち!そして勇敢に服を着せ!そして、すべての人が殺されるまで、叫び声をあげて戦う劇があります。 ”
「もっと教えてください」
「刑事裁判所の大統領たちは、時には「先制詞」のように、お互いに葛藤して努力している。
王子の目が輝いた。彼は、
“結婚、それは私が嫌いではない。もっと教えてください。 ”
“私たちは、誰が私たちの誰かが一番ふさわしいかどうかを知るために競争に取り組んでいます。”
“それは私も好きです。話す。 ”
「夏には、運河と川の中を歩き回って泳ぎ、隣の人を溺れさせ、水で彼を飛び散らせ、ダイビングと叫び、転落させる。
“‘私の父の王国の価値があるのですが、それを一度楽しんでください! プリンスは行く。
“我々は踊り、チープサイドのメイポールについて歌う。私たちは砂の中で遊んでいます。私たちが泥のペストリーを作る時 – 美しい泥よ、それは全世界の喜びのためのものではありません! – あなたは礼拝の存在を救うために、泥の中でかなりぼろぼろです。
“ああ、プリンス、もう言わないで、”栄光に輝く!もし私があなたのような衣服を着て私の服を着て、足をはずし、泥の中で一度、ただ一度、私を叱責することも、禁じることもなく、私は王冠を諦めることができました!
“もしそれができれば、私は一度服を着ることができます、
“オオ、それは好きだろう?それではそうなるでしょう。あなたのぼろを捨てて、これらの華麗な飾りをつけてください。それは簡単な幸福ですが、あまり熱心ではありません。私たちはそれを持っている間にそれを持ち、誰かが荒れ果てる前に再び変化するだろう」

数分後、少数のウェールズ王子がトムの揺らめく不思議と不思議に悩まされ、パウペルダムの小さな王子は豪華なロイヤリティの王室で騙された。二人は行って、大きな鏡の前に並んで立っていました。そして、奇跡はありませんでした。彼らはお互いを見つめ、次にガラスで、そしてお互いに再び会いました。ついに、困惑した謀略は、
“あなたはこれの何を作るのですか?”
“ああ、あなたの礼拝は良い、私には答えないように要求してください。私の学位の一つがそのことを言わなければならないということを、それは満たしていない」
“それから私はそれを発します。あなたは同じ髪、同じ目、同じ声と方法、同じ形と身長、私が負う同じ顔と顔を持っています。われわれは裸になって戦った。あなたは誰か、そしてウェールズ王子が言うことができなかった。そして、あなたが身に着けているときに着ているようになったので、あなたは勇敢な兵士たちがあなたの手に傷ついているのではないと感じるようになるでしょう。
“はい;しかしそれはわずかなことであり、あなたの崇拝は、貧しい人間の腕が –
“平和!それは恥ずかしいものと残酷でした! “彼の素足を踏んで、小さな王子を叫んだ。 「もしキング・スティルが私が再び来るまで歩いていないなら、それは命令です!
彼は一瞬のうちにテーブルを横にして国家的重要性の記事をはぎ取って捨てて、ドアの外に出て、熱い顔と輝く目で飾られたぼろの宮殿の敷地を飛んでいった。彼が大きな門に着くとすぐに、彼は棒をつかみ、それらを振ってみました。
“開いた!ゲートを開けてください! ”
トムを虐待した兵士はすぐに従った。王子が入口を突破して王室の怒りで半分になったとき、兵士は彼に道を旋回させた耳鳴りを起こさせた。
「あなたの乞食の産卵、それでは、彼の栄光から私が得たものをどうぞ!」
群衆は笑い声で叫んだ。王子は泥の中から自分を拾い上げ、守衛に激しく叫んだ。
“私はウェールズの王子です。私の人は神聖です。あなたの手をわたしの上に置くために、あなたはぶらつくであろう」。
兵士は彼の半分を現在の武器に持ってきて、
「あなたの優雅な栄誉に敬意を表します。」そして、怒り狂って「あなたは狂ったごみです!

ここでは、貧しい小さな王子の周りで騒がしい群衆が閉まって、彼を突き止めて道を遠ざけ、彼を突きつけて、
“彼の王の殿堂への道! ウェールズの王子のための道! “

第2章 トムの早い人生

何年もスキップしましょう。
ロンドンは15万歳で、その日は素晴らしい町でした。それには十万人の住民がいました。通りは非常に狭く、曲がっていて、汚れていて、特にロンドンブリッジから遠くないトム・カンティが住んでいた場所では、家屋は木製で、第二の物語は第一の物語を投影し、第三の物語は第二の物語を第二の物語の上に突き刺した。家が高くなればなるほど、家は大きくなりました。それらは石膏で覆われた、間に固体の材料で、強力な十字架の梁の骨格だった。梁は所有者の味に応じて、赤または青または黒で塗装され、これは家に非常に美しい外観を与えた。窓は小さく、ダイヤモンドのような窓がついていましたが、ドアのようにヒンジの外側に開いていました。
トムの父親が住んでいた家は、プディング・レーンの外にあるオフ・コートと呼ばれる小さなポケットの上にあった。それは小さく、腐敗した、そして不機嫌なものでしたが、悲惨なほど貧しい家庭でいっぱいでした。カンティの部族は3階の部屋を占領した。母親と父親は一角の寝台を持っていた。トムと祖母と二人の姉妹、ベットとナンは制限されていませんでした。毛布の残骸が2つ、古くて汚れた藁の束がいくつかあったが、整理されていなかったため、これらはベッドとも呼ばれなかった。彼らは一般的な山、午前中、そして夜間の塊からサービスのために選んだものに蹴られました。

ベットとナンは15歳の双子でした。彼らは善良な女の子であり、汚れていて、衣服を着ていて、深刻に無知であった。彼らの母親は彼らのようだった。しかし、父とおばあちゃんは二人の恋人でした。彼らはいつでも酔っ払ってしまった。彼らはお互いに、あるいは途中で来た人と戦った。彼らはいつも呪って誓った。ジョン・カンティは泥棒で、彼の母親は乞食でした。彼らは子供の乞食を作ったが、彼らの泥棒を作ることに失敗した。その家に住む恐ろしい兵士の中でも、王が家に帰って、数軒の避難所を持つ家に帰ってきた、老いた司祭だった。彼は子供たちを脇に置き、正しい道を教えていた秘密に。アンドリュー父はまた、トムに少しラテン語を教え、どのように読み書きするか、女の子と同じことをしていただろうが、彼らはそのような奇妙な業績に耐えることができなかった友人のジーアを恐れていた。
すべての裁判所はキャンティの家のような別の巣箱だった。酔っ払い、暴動、喧嘩は、毎晩、ほとんど一晩中秩序だった。壊れた頭は、その場所で飢えほどのものだった。しかし、トムは不幸ではなかった。彼はそれに苦労しましたが、それを知らなかったのです。オオカミ裁判所のすべての男の子が持っていたのは一種の時間だったので、それは正しい、快適なものだと思った。彼が夜に空手に帰ってきた時、彼は父親が彼を呪い、彼を最初に殴り、それが終わったときにひどい祖母がそれを何度もやり直して改善することを知っていた。彼の飢えた母親は、その種の反逆者に巻き込まれてしまったにもかかわらず、腹が立って自分のために救うことができた惨めなスクラップでした。

しかし、トムの人生は、特に夏にはうまくいった。 彼は自分自身を救うために十分に頼んだだけであった。なぜなら、君主制に対する法律は厳しく、罰金は重かったからだ。 彼は巨人と妖精、矮星と妖精、魅了された城、豪華な王様と王子たちについて、裕福な父親のAndrewの魅力的な古い物語と伝説を聞いて、時間を割いた。 彼の頭は、これらの素敵なものでいっぱいになりました。そして、たくさんの夜、彼は、不気味で攻撃的なストロー、疲れて空腹に悩まされて、暗がりの中にいて、彼の想像力を失い、すぐに彼の痛みや痛みを忘れました。 荘厳な宮殿に飾られた王子の魅惑的な生活の中で、自分自身に美しい写真を撮っています。 昼も夜も彼を迎え入れるという願望がありました。それは、自分の目で本当の王子を見ることでした。 彼は、彼のオオカミ裁判所の同志の一人に一度言った。 しかし、彼らは彼にひざまずいて、彼を嘲笑したので、彼は夢を抱き続けて喜んだ。

彼はしばしば司祭の古い本を読んで、説明したり拡大したりしました。 彼の夢と読書は、彼との間で、ある程度の変化をもたらしました。 彼の夢の人たちはとても素敵で、痩せた服と彼の汚れを嘆き、きれいになり、よりよく服を着たいと願っていました。 彼は泥の中をちょうど同じ場面で遊んで楽しんだ。 それを楽しむためにテムズ川を一周するのではなく、洗濯とクレンジングのために付加価値を見つけるようになりました。
トムはいつも安い場所のメイポールの周りで、そして見本市で何か起こっているのを見つけることができました。 今や彼とロンドンの残りの人たちは、不幸な有名人の一部が陸上やボートで塔に囚われた時、軍事パレードを見る機会を得ました。 ある夏の日、彼は貧しいアン・アスキューを見て、三人の男がスミスフィールドの賭け金を焼き払い、元ビショップが彼に興味を持たない人たちに説教をするのを聞いた。 はい、トムの人生は全体的に変わり、十分楽しかったです。

トムの読書と夢見ることで、彼は皇太子の行為を無意識のうちに始めたような壮大な人生を夢見ていました。彼のスピーチとマナーは、彼の仲間の広大な賞賛と娯楽に、奇妙な儀式と宮廷になった。しかし、これらの若者の間でのトムの影響は、今日、日々成長し始めました。そして時間がたつにつれ、彼は一種の驚異的な畏敬の念をもって、優秀な人物として見上げられるようになりました。彼はそんなに知っているようでした!彼はそのような素晴らしいことをして言うことができました!彼はとても深く賢明でした!トムの発言とトムの公演は、男の子たちによって長老たちに報告された。彼らは現在、トム・カンティについて議論し始め、彼を最も才能のある珍しい生き物とみなし始めました。完全成長した人々は解決のためにトムに困惑し、多くの場合彼の意思決定の賢さと知恵に驚かされました。実際、彼は自分の家族を除いて彼を知っていたすべての人の英雄になった – これらはただ彼の中に何も見なかった。

個人的には、しばらくして、トムは王室を設立しました! 彼は王子だった。 彼の特別な仲間は、警備員、室内管掌者、おとぎ話、待っている女神、そして王室だった。 彼のロマンチックな読書からトムが借りた精巧な儀式で毎日模擬大将が受け取られた。 毎日模倣王国の偉大な問題が王議議会で議論され、毎日、彼の模倣高官は、彼の想像上の軍隊、海軍、副総理に令を出した。
その後、彼は彼のぼろに出て、いくつかのファションを頼んで、彼の悪い地殻を食べ、慣習的な袖口と虐待を取って、そして彼の一握りのファウルストローに自分自身を伸ばし、彼の空想の壮大さを彼の夢の中で再開します。
それでも肉体の本当の王子を一度見たいと思った彼は、毎日、週に一度、彼が成長して、ついには他のすべての欲望を吸収し、彼の人生の情熱となった。

1月1日、彼の通常の懇願旅行で、彼は掘り出し物であるレインとリトル・イーストについて時間をかけて安く時間を過ごし、裸足で冷たく、料理屋の窓を見て恐ろしい豚肉に憧れた彼等には、天使のためにぴったりなディーティーズだった。つまり、匂いで判断すると、自分の幸運を自分のものにして食べることは決してなかったからです。雨の寒い霧雨がありました。雰囲気は暗かった。それは憂鬱な日だった。夜になると、トムは家に濡れて疲れて空腹になり、父親と祖母が自分の欲望の状態を観察し、ファッションの後に移動することはできなかった。それで彼はすぐに彼に盛り上がりを与え、彼を寝たきりにした。長い間彼の苦しみと飢え、そして建物で起こっている誓いと戦いは、彼を目覚めさせた。ついに彼の思考は遠くのロマンチックな土地に漂って行き、巨大な宮殿に住む宝飾品や金箔の原石の会社の中で眠りに落ち、彼らの前で奴隷にしたり、命令を実行するために飛行機に乗っていた。そして、いつものように、彼は自分自身を小公子とすることを夢見ていた。
一晩中彼の王家の栄光が彼に輝きました。彼は偉大な君主と女性の間で光の炎の中を移動し、香水を吸い込み、美味しい音楽を飲んで、光り輝く群衆の崇高な賛美に答え、ここで笑顔で彼の壮大な頭。
そして、彼が朝起きて彼の悲惨さを見たとき、彼の夢はいつもの影響を受けていました。それは彼の周囲の苛烈さを数千倍にしました。それから、苦味と心の痛みと涙が来ました。

第1章 プリンスとパウパーの誕生

古代都市ロンドンでは、16世紀の第2四半期の特定の秋の日に、少年が彼を欲しくないカンティの名の貧しい家族に生まれました。同じ日、別の英国の子供が、彼を欲しがっていたチューダーの名の豊かな家族に生まれました。すべてのイングランドは彼も欲しかった。イングランドは彼のためにとても憧れていて、彼を願って神に祈ってくれました。本当に来たので、人々は喜んで怒りました。昔の知り合い同士が抱き合ってキスして叫んだ。誰もが休日をとり、高低、貧富、貧乏、宴会、踊り、歌い、とても穏やかになりました。彼らはこのことを日夜一緒に続けました。ロンドンは一日ごとに、すべてのバルコニーと屋根裏から波打つ同性愛者の旗と、並行して行進しているすばらしい仲間たちが見える光景でした。夜になると、隅々まで大きな騒ぎがあり、周りの人たちは歓喜をかけている。すべてのイングランドではなく、新しい赤ちゃん、エドワードチューダー、ウェールズの王子、すべてのこの大騒ぎの意識を失って、シルクとサテンでラップし、大軍と女性が彼を見守っていて、彼を見守っていたことを知らないケアもしていない。しかし、彼の存在に悩まされていた貧困層の家族の間を除いて、彼の貧しいぼろにラップされた他の赤ん坊、トム・カンティについての話はなかった。