第5章 紋章としてのトム。

王子の内閣に残っていたトム・カンティは、彼の機会をうまく利用しました。彼はこのように、そして大きな鏡の前で、自分の精巧さに感心しました。その後、歩いて離れて、王子の高い馬車を模倣し、それでもガラスの結果を観察する。次に彼は美しい刀を引いて、刃にキスをし、彼の胸の上に横たえ、高貴な騎士を見ていたように、5〜6週間前に塔の中尉に挨拶しました。ノーフォークとサリーの大軍が捕虜のために手に入った。トムは彼の太ももに掛けられた宝石を切った短剣で遊んだ。彼は部屋の高価で絶妙な飾りを調べました。彼は豪華な椅子のそれぞれを試してみると、宮廷牧場の群れが彼の壮大なところを覗いて見ることができれば、彼がどれほど誇りに思うかと考えました。彼は、家に帰ったとき、または頭を振るのかどうかを伝えるべき素晴らしい話を信じるかどうか疑問に思っていた。そして、彼の過度の想像力は、ついに彼の理由を混乱させた。
30分の終わりに、彼は突然、王子は長い時間がかかっていたことが彼に起こりました。すぐに彼は孤独を感じ始めた。まもなく彼は聞いて憧れになり、彼についてのかなりの事でおもちゃになりました。彼は不安を抱き、不安がなくなり、苦しんだ。ある人が来て、王子の服の中に彼を捕らえ、王子はそこには説明しないであろうと仮定しよう。彼らはすぐに彼をぶら下げていないかもしれないし、後で彼の事件にお尋ねしますか?彼は、偉大な人たちが小さな事柄については迅速であると聞いていました。彼の恐れはさらに高くなった。彼は穏やかに前室への扉を開け、飛行して王子を探し、そして彼を介して保護と解放を決心した。豪華な紳士6人と、蝶のような服を着た2つの若い頁が、足元に跳ね上がり、彼の前で伏した。彼は素早く踏んでドアを閉めた。彼は言った-

“ああ、彼らは私を嘲笑!彼らは行こうとします。ああ!なぜ私はここに来て、私の人生を捨て去ったのですか?
彼は階段を上ったり下ろしたりして、無意味な恐怖でいっぱいになって、耳障りな音から始めて聞いていました。現在のところ、ドアが開き、絹のようなページが言った –
“レディ・ジェーン・グレイ”
ドアは閉まって、豪華な服を着た甘い少女が彼に向かって縛られた。しかし、彼女は突然停止し、
“ああ、私の主よ、何の痛みですか?”
トムの呼吸は彼にほとんど失敗していた。しかし、彼は、
“ああ、慈悲深いよ、あなたよ!私は裕福ではありませんが、市の裁判所の貧しいトム・カンティだけです。 プリンスは私に王子を見させ、彼は彼の恵みのうちに私のぼろを私に戻し、それで私を傷つけさせます。ああ、あなたは慈悲深く、私を救ってください!
この時までに、少年は膝の上にいて、目で祈り、舌でも手を上げていました。若い女の子は恐怖に襲われたようだった。彼女は叫んだ。

“私の主よ、あなたの膝の上に – 私に!”
それから彼女は恐怖で逃げ出した。そしてトムは、絶望に打ち負かされ、沈んだ、
“助けはない、希望はない。今、彼らは私を連れて行くだろう。
彼はそこにテロに苦しんでいたが、恐ろしい知らせが宮殿の中をスピードアップしていた。ささやきは、いつも囁かれていたので、いつものように、主人から女性へ、長い廊下を、物語から物語まで、サルーンからサロンへ、「王子は怒った、王子は怒ってしまった!すべての大広間、大理石のホールには、輝く大管長と女性のグループ、そして驚くほど小さな人々が集まり、囁きながら真剣に話し合っていた。すべての顔には納得がいかなかった。現在、素晴らしい管理者がこのグループによって行進し、厳粛な宣言を行いました。
“キングの名前で!
この虚偽の愚かな事柄、死の痛みに陥らせたり、同じことを話したり、海外に運ぶことはありません。王の名で!」
囁きは、囁いた人が愚かな者に襲われたかのように突然止まった。
まもなく、 “王子!”という廊下に沿って一般的な話題がありました。見て、王子が来る! ”
貧しいトムはゆっくりと低弓群を過ぎて歩き回って戻り、弓なりに腹を立てようとした。偉大な貴族たちが彼の両側を歩いて、彼に頼るようにして、彼の踏み出しを堅固にしました。彼の背後には、裁判所の医師といくつかの召使が従った。

現在、トムは宮殿の貴族のアパートで自分を見つけ、彼の後ろにあるドアを聞いた。彼の周りに彼と一緒に来た人たちが立っていた。彼の前に、少し離れて、非常に大きくて非常に太った男が、広い、ぱりぱらとした表情と厳しい表現をしていた。彼の大きな頭はとても灰色だった。フレームのように彼の顔の周りだけを身に着けた彼のひげは灰色だった。彼の衣服は豊かなものでしたが、年を取って、少し擦り減っていました。彼の腫れた脚の1つは、その下に枕があり、包帯に包まれていました。今や沈黙があった。そこには頭がありませんでしたが、この男のことを除いて、畏敬の念を抱いていました。この威圧的な無効は、恐ろしいヘンリー8世でした。彼は言った – と彼の顔が穏やかに成長し、彼が話し始めた –
“どうして、私の主エドワード、私の王子ですか?わたしはあなたを愛するあなたの父親であり、親切にも、ごめんな冗談をもってあなたを利用します。
貧しいトムは聞いていただけでなく、彼の心配していた学部も彼をこのスピーチの初めにさせました。 「私は良い王様」という言葉が耳に当たったとき、彼の顔がぼんやりとしていて、ショットが彼をそこに連れて来たかのように、彼はすぐに膝の上に落ちた。彼の手を上げ、彼は叫んだ –

“あなたは王ですか?それで私は本当に元に戻すのですか? ”
この演説は王様を気絶させたようだった。彼の目は、無意識のうちに顔を見ながらさまよった後、彼の前の少年に安静にされた。それから彼は深い失望の声で言った –
“アラック、私は噂が真実に不相応だと信じていた。私はそうではないと恐れています。」彼は重い息を吐き、優しい声で言った。「あなたの父親に来てください。
トムは彼の足元に助けられ、謙虚で震えているイングランドの陛下に近づいた。王は手の間で恐ろしい顔をとって、そこに理由を返すことに感謝の兆しを見て、その胸に圧迫した頭を押して、やさしく撫でたように、しばらくそれを熱心に注視しました。現在、彼は言った –
“ドストはあなたの父、子供を知らないのですか?昔の心を壊してはいけません。あなたは私を知っていると言う。あなたは私を知っていますか?
「そうですか:神よ、あなたが私の恐怖の王、王様です!
「真実、真実 – それはよく慰められ、震えない。ここにあなたを傷つけることはない。ここには誰もいませんが、あなたを愛しています。あなたは今よりよく芸術です。あなたの病気は夢ではありませんか?彼らはあなたが苦しんでいる間にあなたがしたことを言ったように、あなた自身をもう一度罵ってはいけませんか? ”
“私はあなたの恵みを私に信じます、私は真実を話しましたが、最も恐ろしい主です。私はあなたの主題の中で最も卑しい、生まれながらの貧しい者であり、私はそこにいましたが、私はここにいます。私は若くても死ぬことができます。そして、あなたは小さな言葉で私を救うことができます。ああ、話してください! ”
“死ぬ?甘い王子平和、平和、あなたの苦しんでいる心に、あなたは死なないではいけません!」
トムは嬉しい叫び声で膝の上に落とした。
“神はあなたの慈悲を求め、王よ、あなたの土地を祝福してあなたを救いなさい!”と叫ぶと、彼は待っている2人の君主に向かって楽しい顔を向け、叫び声を上げた。私は死ぬことはない:王はそれを言った! “誰も話しませんでした。彼は躊躇し、ちょっと混乱させて、臆病に王様に向かって言った、「私は今行ってもいい?

「行く?確かに、もしあなたが欲しいならば。しかし、まだ少しでも眠れないのはなぜですか?どちらに行くの? ”
トムは目をそらし、謙虚に答えました。
“私は誤解しました。しかし私は私を自由と思っていたので、私は生まれて苦しみに育った犬舎をもう一度探すように移動しましたが、私の母と妹を抱きしめるので、私の家です。一方、私が使用されていないこれらのポンンプと光り輝く洞窟は、ああ、あなたよ、私を行かせてください!
王は静かで思慮深くしばらくしており、彼の顔は苦悩と不安を背負っていた。現在、彼は彼の声で希望の何かを持って、
“彼はこの1つのひずみに怒っているが、彼の知恵は他のものに触れていない。神がそれを送るかもしれない!試してみる」
それから彼はトムにラテン語の質問をし、トムは彼に同じ舌で嘆き悲しみに答えました。主および医者はまた彼らの満足感を明示した。王は言った –
“彼の学校と能力によると、彼の心は病気であり、致命的ではないことを示している。あなたはどうですか?
医者は弓を下ろして低く言い、
“それは、自分の信念をもって、私はあなたが正しいと断言したことを跳ねます。”

王はこの励ましを喜んだように見えました、それはとても優れた権威から来たように来て、
“今、あなたのすべてに印をつけてください:私たちは彼にもっと挑戦します。”
彼はトムにフランス語で質問をした。トムは黙って立っていたので、彼の目の中心にそんなに多くの目を置くことに恥ずかしかった。そして、
“私はこの舌を知らないので、あなたの威厳をお祈りください。”
王は彼のソファに落ちた。出席者は彼の援助に飛んだ。しかし彼はそれらを脇に置き、
“私には苦労しません。それは、厄介な気晴らしにすぎません。私を育てなさい!そこには、十分です。こんにちは。あなたの貧しい悩みの頭をあなたの父の心の上においてください。あなたはすぐにうまくいくでしょう。恐れてはならない。あなたはすぐにうまくいくのです。」そして、彼は会社に向かった。優しい態度が変わった。そして、素早い雷が彼の目から始まった。彼は言った-
“あなたがすべてリストしてください!この私の息子は怒っています。永久的ではありません。これ以上の研究が行われ、閉じ込めが多すぎる。彼の本と先生たちと離れて!それを見てください。スポーツで彼を楽しませ、健全な方法で彼を欺くことで、彼の健康が再び生まれるようになる」彼は自分自身をさらに高め、エネルギーで続けた。彼は私の息子であり、イングランドの相続人です。そして、怒っても、まともでも、彼はまだ治めるでしょう!また、あなたがたはさらに聞いて、それを宣べ伝えよう。このことについて話す者は、これらの領地の平和と秩序に反して働く。 。 。 。飲むために私を与えなさい – 私は燃える:この悲しみは私の強さを保つ。 。 。 。そこで、カップを取り去ってください。 。 。 。私をサポートしてください。そこには、うまくいきます。マッド、彼は?彼は1000倍怒っていましたが、彼はウェールズの王子です。私は王がそれを確認します。この非常に明日は、古くからの形で彼の尊厳に据えられなければならない。私の主ハートフォード、それを即座に注文してください。 ”

貴族の一人が王宮にひざまずいていて、
“王の威厳は、イングランドの遺伝大院長がタワーで達成したことを知っています。それが実現したことを達成しなかった –
“平和!憎んだ名前の耳を侮辱しないでください。この人は永遠に生きるのですか?私は私の意志を託していますか?王子はアンインストールされたままになっていますか?そのために、領土に彼の名誉を託すために反抗的な汚れのないアール・マーシャルが足りないからです。いいえ、神の素晴らしさによって!太陽が再び上昇する前に私の議会にノーフォークの運命をもたらすように警告してください、そうでなければ彼らはそれを嘆かわしく答えるでしょう! “{1}
ハートフォード卿は、
“王の意志は法律である”と上昇し、彼の元の場所に戻った。

徐々に怒りは古い王の顔からぼやけていき、彼は言った –
“キス、私の王子。そこ 。 。 。あなたは何を恐れていますか?私はあなたの愛する父親ですか?
“あなたはわたしには善良で、良心的で優雅な主です。本当にわたしは知っています。しかし、しかし、それは私が彼が死ぬことを考えることを嘆くと、
“ああ、「あなたのような、そうだよ!あなたの心が傷ついたとしても、あなたの心はまだ同じであることは分かっています。しかし、この公爵はあなたとあなたの栄誉の間に立っています。私は彼の偉大な事務所に汚れをもたらすことのない別のものを持っていきます。わたしの王子、あなたの貧しい頭ではありません。
“しかし、私は彼のスピードを遅くするのではないのですか?彼はいつまで生きていないだろうか?私のために? ”
“彼のことを考えないでください、私の王子:彼は合理的ではありません。もう一度私にキスして、あなたの些細なことや娯楽に行ってください。私の病気が私を苦しめるからです。私は服従しており、安らかです。あなたの叔父のハートフォードとあなたの民と一緒に行き、私の体がリフレッシュされたら再び来なさい。
トムは、心から心がけていました。この最後の文は、彼が大切にしたいと望んでいたことを打ち砕いたものです。もう一度彼は “王子、王子が来る!”と大声で叫び声をあげました。
彼の精神は、弓兵の光るファイルの間を移動するにつれて、下降しました。彼は本当に今捕虜になっていることを認識しており、この陽気な檻の中で、慈悲深い神を除いて、無慈悲で友人がいない王子で、
そして、彼はどこに向かうか、彼は断頭した頭と、ノーフォーク公爵の記憶された顔を空気中に浮かべるように見えました。
彼の古い夢はとても楽しいものでした。この現実はとても荒れ果てたものでした!

 

原文

Chapter V. Tom as a Patrician.

Tom Canty, left alone in the prince’s cabinet, made good use of his opportunity. He turned himself this way and that before the great mirror, admiring his finery; then walked away, imitating the prince’s high-bred carriage, and still observing results in the glass. Next he drew the beautiful sword, and bowed, kissing the blade, and laying it across his breast, as he had seen a noble knight do, by way of salute to the lieutenant of the Tower, five or six weeks before, when delivering the great lords of Norfolk and Surrey into his hands for captivity. Tom played with the jewelled dagger that hung upon his thigh; he examined the costly and exquisite ornaments of the room; he tried each of the sumptuous chairs, and thought how proud he would be if the Offal Court herd could only peep in and see him in his grandeur. He wondered if they would believe the marvellous tale he should tell when he got home, or if they would shake their heads, and say his overtaxed imagination had at last upset his reason.
At the end of half an hour it suddenly occurred to him that the prince was gone a long time; then right away he began to feel lonely; very soon he fell to listening and longing, and ceased to toy with the pretty things about him; he grew uneasy, then restless, then distressed. Suppose some one should come, and catch him in the prince’s clothes, and the prince not there to explain. Might they not hang him at once, and inquire into his case afterward? He had heard that the great were prompt about small matters. His fear rose higher and higher; and trembling he softly opened the door to the antechamber, resolved to fly and seek the prince, and, through him, protection and release. Six gorgeous gentlemen-servants and two young pages of high degree, clothed like butterflies, sprang to their feet and bowed low before him. He stepped quickly back and shut the door. He said—

“Oh, they mock at me! They will go and tell. Oh! why came I here to cast away my life?”
He walked up and down the floor, filled with nameless fears, listening, starting at every trifling sound. Presently the door swung open, and a silken page said—
“The Lady Jane Grey.”
The door closed and a sweet young girl, richly clad, bounded toward him. But she stopped suddenly, and said in a distressed voice—
“Oh, what aileth thee, my lord?”
Tom’s breath was nearly failing him; but he made shift to stammer out—
“Ah, be merciful, thou! In sooth I am no lord, but only poor Tom Canty of Offal Court in the city. Prithee let me see the prince, and he will of his grace restore to me my rags, and let me hence unhurt. Oh, be thou merciful, and save me!”
By this time the boy was on his knees, and supplicating with his eyes and uplifted hands as well as with his tongue. The young girl seemed horror-stricken. She cried out—

“O my lord, on thy knees?—and to me!”
Then she fled away in fright; and Tom, smitten with despair, sank down, murmuring—
“There is no help, there is no hope. Now will they come and take me.”
Whilst he lay there benumbed with terror, dreadful tidings were speeding through the palace. The whisper—for it was whispered always—flew from menial to menial, from lord to lady, down all the long corridors, from story to story, from saloon to saloon, “The prince hath gone mad, the prince hath gone mad!” Soon every saloon, every marble hall, had its groups of glittering lords and ladies, and other groups of dazzling lesser folk, talking earnestly together in whispers, and every face had in it dismay. Presently a splendid official came marching by these groups, making solemn proclamation—
“IN THE NAME OF THE KING!
Let none list to this false and foolish matter, upon pain of death, nor discuss the same, nor carry it abroad. In the name of the King!”
The whisperings ceased as suddenly as if the whisperers had been stricken dumb.
Soon there was a general buzz along the corridors, of “The prince! See, the prince comes!”
Poor Tom came slowly walking past the low-bowing groups, trying to bow in return, and meekly gazing upon his strange surroundings with bewildered and pathetic eyes. Great nobles walked upon each side of him, making him lean upon them, and so steady his steps. Behind him followed the court-physicians and some servants.

Presently Tom found himself in a noble apartment of the palace and heard the door close behind him. Around him stood those who had come with him. Before him, at a little distance, reclined a very large and very fat man, with a wide, pulpy face, and a stern expression. His large head was very grey; and his whiskers, which he wore only around his face, like a frame, were grey also. His clothing was of rich stuff, but old, and slightly frayed in places. One of his swollen legs had a pillow under it, and was wrapped in bandages. There was silence now; and there was no head there but was bent in reverence, except this man’s. This stern-countenanced invalid was the dread Henry VIII. He said—and his face grew gentle as he began to speak—
“How now, my lord Edward, my prince? Hast been minded to cozen me, the good King thy father, who loveth thee, and kindly useth thee, with a sorry jest?”
Poor Tom was listening, as well as his dazed faculties would let him, to the beginning of this speech; but when the words ‘me, the good King’ fell upon his ear, his face blanched, and he dropped as instantly upon his knees as if a shot had brought him there. Lifting up his hands, he exclaimed—

“Thou the King? Then am I undone indeed!”
This speech seemed to stun the King. His eyes wandered from face to face aimlessly, then rested, bewildered, upon the boy before him. Then he said in a tone of deep disappointment—
“Alack, I had believed the rumour disproportioned to the truth; but I fear me ‘tis not so.” He breathed a heavy sigh, and said in a gentle voice, “Come to thy father, child: thou art not well.”
Tom was assisted to his feet, and approached the Majesty of England, humble and trembling. The King took the frightened face between his hands, and gazed earnestly and lovingly into it awhile, as if seeking some grateful sign of returning reason there, then pressed the curly head against his breast, and patted it tenderly. Presently he said—
“Dost not know thy father, child? Break not mine old heart; say thou know’st me. Thou dost know me, dost thou not?”
“Yea: thou art my dread lord the King, whom God preserve!”
“True, true—that is well—be comforted, tremble not so; there is none here would hurt thee; there is none here but loves thee. Thou art better now; thy ill dream passeth—is’t not so? Thou wilt not miscall thyself again, as they say thou didst a little while agone?”
“I pray thee of thy grace believe me, I did but speak the truth, most dread lord; for I am the meanest among thy subjects, being a pauper born, and ‘tis by a sore mischance and accident I am here, albeit I was therein nothing blameful. I am but young to die, and thou canst save me with one little word. Oh speak it, sir!”
“Die? Talk not so, sweet prince—peace, peace, to thy troubled heart—thou shalt not die!”
Tom dropped upon his knees with a glad cry—
“God requite thy mercy, O my King, and save thee long to bless thy land!” Then springing up, he turned a joyful face toward the two lords in waiting, and exclaimed, “Thou heard’st it! I am not to die: the King hath said it!” There was no movement, save that all bowed with grave respect; but no one spoke. He hesitated, a little confused, then turned timidly toward the King, saying, “I may go now?”

“Go? Surely, if thou desirest. But why not tarry yet a little? Whither would’st go?”
Tom dropped his eyes, and answered humbly—
“Peradventure I mistook; but I did think me free, and so was I moved to seek again the kennel where I was born and bred to misery, yet which harboureth my mother and my sisters, and so is home to me; whereas these pomps and splendours whereunto I am not used—oh, please you, sir, to let me go!”
The King was silent and thoughtful a while, and his face betrayed a growing distress and uneasiness. Presently he said, with something of hope in his voice—
“Perchance he is but mad upon this one strain, and hath his wits unmarred as toucheth other matter. God send it may be so! We will make trial.”
Then he asked Tom a question in Latin, and Tom answered him lamely in the same tongue. The lords and doctors manifested their gratification also. The King said—
“‘Twas not according to his schooling and ability, but showeth that his mind is but diseased, not stricken fatally. How say you, sir?”
The physician addressed bowed low, and replied—
“It jumpeth with my own conviction, sire, that thou hast divined aright.”

The King looked pleased with this encouragement, coming as it did from so excellent authority, and continued with good heart—
“Now mark ye all: we will try him further.”
He put a question to Tom in French. Tom stood silent a moment, embarrassed by having so many eyes centred upon him, then said diffidently—
“I have no knowledge of this tongue, so please your majesty.”
The King fell back upon his couch. The attendants flew to his assistance; but he put them aside, and said—
“Trouble me not—it is nothing but a scurvy faintness. Raise me! There, ‘tis sufficient. Come hither, child; there, rest thy poor troubled head upon thy father’s heart, and be at peace. Thou’lt soon be well: ’tis but a passing fantasy. Fear thou not; thou’lt soon be well.” Then he turned toward the company: his gentle manner changed, and baleful lightnings began to play from his eyes. He said—
“List ye all! This my son is mad; but it is not permanent. Over-study hath done this, and somewhat too much of confinement. Away with his books and teachers! see ye to it. Pleasure him with sports, beguile him in wholesome ways, so that his health come again.” He raised himself higher still, and went on with energy, “He is mad; but he is my son, and England’s heir; and, mad or sane, still shall he reign! And hear ye further, and proclaim it: whoso speaketh of this his distemper worketh against the peace and order of these realms, and shall to the gallows! . . . Give me to drink—I burn: this sorrow sappeth my strength. . . . There, take away the cup. . . . Support me. There, that is well. Mad, is he? Were he a thousand times mad, yet is he Prince of Wales, and I the King will confirm it. This very morrow shall he be installed in his princely dignity in due and ancient form. Take instant order for it, my lord Hertford.”

One of the nobles knelt at the royal couch, and said—
“The King’s majesty knoweth that the Hereditary Great Marshal of England lieth attainted in the Tower. It were not meet that one attainted—”
“Peace! Insult not mine ears with his hated name. Is this man to live for ever? Am I to be baulked of my will? Is the prince to tarry uninstalled, because, forsooth, the realm lacketh an Earl Marshal free of treasonable taint to invest him with his honours? No, by the splendour of God! Warn my Parliament to bring me Norfolk’s doom before the sun rise again, else shall they answer for it grievously!”
Lord Hertford said—
“The King’s will is law;” and, rising, returned to his former place.

Gradually the wrath faded out of the old King’s face, and he said—
“Kiss me, my prince. There . . . what fearest thou? Am I not thy loving father?”
“Thou art good to me that am unworthy, O mighty and gracious lord: that in truth I know. But—but—it grieveth me to think of him that is to die, and—”
“Ah, ‘tis like thee, ‘tis like thee! I know thy heart is still the same, even though thy mind hath suffered hurt, for thou wert ever of a gentle spirit. But this duke standeth between thee and thine honours: I will have another in his stead that shall bring no taint to his great office. Comfort thee, my prince: trouble not thy poor head with this matter.”
“But is it not I that speed him hence, my liege? How long might he not live, but for me?”
“Take no thought of him, my prince: he is not worthy. Kiss me once again, and go to thy trifles and amusements; for my malady distresseth me. I am aweary, and would rest. Go with thine uncle Hertford and thy people, and come again when my body is refreshed.”
Tom, heavy-hearted, was conducted from the presence, for this last sentence was a death-blow to the hope he had cherished that now he would be set free. Once more he heard the buzz of low voices exclaiming, “The prince, the prince comes!”
His spirits sank lower and lower as he moved between the glittering files of bowing courtiers; for he recognised that he was indeed a captive now, and might remain for ever shut up in this gilded cage, a forlorn and friendless prince, except God in his mercy take pity on him and set him free.
And, turn where he would, he seemed to see floating in the air the severed head and the remembered face of the great Duke of Norfolk, the eyes fixed on him reproachfully.
His old dreams had been so pleasant; but this reality was so dreary!